« 雪の山寺 | メイン | 春咲小紅 »

2012/03/11

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

阪神大震災も古くは戦後も何もない所から
復興出来たので私は必ず復興出来ると
信じてます。
ボランティアは口でいうほど簡単ではないです。
その中、行動にうつすのは凄いことだと思います。
尊敬する行動だと思います。
体壊さないで頑張って下さい。

双子妹さん、こんばんは。
気を遣って頂きスミマセン・・・

恐らくボランティア行きたくても様々な理由で行けない人が
多くいると思います。
逆に言えば行ける人はそれが許される環境にいるわけで、
それは周囲の人々の支えのお陰なのでしょうね。
ホント感謝です。

結局それぞれが支えあって何かが出来る。
被災地のことを思うだけでもすごく意味があることだと
考えます。
願いが1日も早く通じることを祈ります。

カエルさん、こんばんは。

あの大震災から、早くも1年が経ったのですね。
写真をみて、改めて痛ましい気持ちになりました。

振り返ってみると、震災後に自分ができたことは
何一つなく、せいぜいコンビニに立ち寄った際、
義援金箱に寄付したことぐらいです。

カエルさんは現地まで行き、ボランティア活動
したというのは、とても素晴らしいことです。
やりたくても、なかなかできないことですよね。

でも、復興はまだこれからですし、今後自分にも
何かできることがあれば、実行したい思っています。

貴重な写真、ありがとうこざいました。

サッカー少年さん、どうもです。

そうですね、行きたくても行けない人は大勢いると思うし、
ワタクシなどは行かさせてもらったようなもので、
それはこちらで頑張っている人のお陰です。

現地ではまだまだ復興もままならない状況が続いていて、
継続的なサポートが必要ですよね。

何かやることに意味があると思うので、間接的でもいいし
いろいろやりたいスね。
東北産の商品を買ったり、旅行先にしてもいいと思うし。
一度5メン旅で、福島の温泉にでも行きますか!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

フォトアルバム

2015年7 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック