« 大地に生きる | メイン | 吾妻山の桜 »

2013/03/18

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

宗派を超えての追悼・祈願、
追悼する気持ちに宗派は関係ないもんね。
確かにある意味史上最強だね!

なるほど、ここで挙式したんだ~。
写真しか見たことなかったから。

ちなみに、雪ノ下というと、
有名な甲冑師「明珍」が住んでいて、
あの伊達政宗の甲冑「鉄黒漆五枚胴具足」
(てつくろうるしごまいどうぐそく)は、
明珍が招かれて制作したので、
通称「雪ノ下胴」とも呼ばれるんだよ。

意外なところで東北と繋がるね!

ブンカッキーさん、こんばんは。

そうなんだよ、ここで結婚式を挙げたのだ。
カトリックだから結構大変で、式前に結婚講座というものに半年間通ったよ。

ご存知の通り俺はキリスト教徒じゃないんだけど(幼稚園はフレーザーだけどね・・笑)、
カミさんはカトリック信者なんだよ。
でもさすがに教会の雰囲気は清廉で厳かだよ。

甲冑師「明珍」の件、知らなかった!ていうか、さすがよく知ってるね!
そうだったのか~こりゃ勉強になりマシタ。
ホント、意外なところで繋がっているものだね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

フォトアルバム

2015年7 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック